GAPとは?

ゲシュタルト・アウェアネス・プラクティス(GAP)12295274_1197779596903661_6402349518251087759_n
ゲシュタルト療法の創始者であるフリッツ・パールズに師事した
リチャード(ディック)・プライスが、
カリフォルニアのエサレン研究所にて
仏教の実践やボディ・ワークを統合して生み出し、
クリスティン・プライスと共に発展させてきたワークです。

リチャード・プライス亡き後、クリスティン・プライスがGAPをさらに発展させ、アメリカで45年以上、日本では2003年から来日してワークを行なっています。

GAPでは「いま、何に気づいていますか?」などの
問いかけと共に、
いま「自分自身に起きていること」を感じ、
そこに「時間」と「空間(スペース)」
与えて十分に経験することや、
そこから「いま、あるがまま」に気づき、共にいられるようになることを学んでいきます。

具体的には 呼吸、からだの内側の感覚、五感、夢や思考、言葉なども使いながら、
過去や未来ではなく「いま、ここ」で起きていることに注意を向け、
自分に起こる気づきの探求をしていきます。

このワークはセラピーではなくプラクティスであり、
何かをあるべき方向に変えたり、「治療する」ことを意図していません。

例え何が出てきても分析や解釈、アドバイスをせず、
プロセスを信頼して時間とスペースを与え、共にいてみる・・。

そうすることで自分の内側と外側の両方でおきる人生の波に乗れる方法を、
実践を通して発見し、育んでいきます。

luner-lake-475819_1280


プログラムの流れ

— GAPを知る —

1)ショート・プログラム 2.5時間〜半日 誰でもOK 
GAP導入のプログラム。 初めての方にも分かりやすくGAPのエッセンスを説明し、実際のワーク体験ができる。イブニングプログラム、オープンデーなど。

2)ベーシック・プログラム 1〜2日間  誰でもOK
GAPの基礎となる様々なワークやエクササイズを学ぶことができる。現在は主にティーチング・スタッフが行っている。初心者はもちろん、経験者にとっても基礎のプラクティスに立ち返り、日常でGAPを実践する助けになる。


— 自己探求を深める —

3)オープンシート   2~3日間  経験者向け
ご自身の探求をさらに深めたい方向けのプログラム。グループのメンバーが1人ずつ「オープンシート」と呼ばれる席に座り、 講師クリスのサポートを受けながら 「いま、ここ」の気づきを探求していく。

4インテンシブ・プログラム   3〜4日間  経験者向け
GAPの体験的なワークに理論的な解説を組み合わせており、GAPについてより深く学ぶことができる。 ドリームワーク、中級コースなど。

— 相手と共にいるあり方を学ぶ —

5)プラクティカム   5日間・宿泊  経験者向け
GAPの理論の講義、体験的なワークも合わせて、合宿形式で学んでいく。自己探求だけではなく、他のグループメンバーのサポートも含めて相手から何が出てきても共にいる、ということを学ぶ。

6)長期スタディーグループ  1週間・宿泊(2年間) 経験者向け
GAPの理論を中心に学んでいき、 これまでの体験をもとにGAPを体系的に理解し、実践することを目的としている。修了後は自身の仕事現場にGAPを応用していくことを目指す。

DSC_9862


ワークの内容

気づき、選択、信頼。

  • ゲシュタルト・アウェアネス・プラクティスの理論
  • いま、ここ、あるがままの気づき
  • エッセンシャル ・プラクティス(ベーシック・プラクティス、気づきのコンティニュアムなど)
  • 気づきの3つの領域
  • 夢に関するワーク(自分自身を観る)
  • からだに関するワーク(呼吸と身体感覚)
  • リピーティング・クエスチョン
  • 表現すること(呼吸、声・音、動き、言葉、アートワーク)
  • 自分自身、他者とのコミュニケーション

DSC_1588


こんな方へ

  • カウンセラーやセラピスト、医療関係従事者、介護者、教員、ボディワーカーなど、相手とより深く寄り添いたいと思うケアギバーの方
  • 自分をより深く知り、どんな時も自分と共にいるあり方を学びたい方
  • より良い友情、家庭生活、仕事上のパートナーシップを築きたい方
  • 自分自身の存在や人生を、より明確にしたい方
  • 古い習慣やパターン、癖を変えたい方
  • 人生をより豊かにしたい方

DSC_9975


参加者の声

◆強制されない安心感、自由、心地よさなど、自分にとって多くの栄養素が細胞を生き生きと充実させてくれた。そして、自然に変われるのだと思った。慈しみに溢れた空気に包まれてのワークは、感動的な気づきの連続でした。

◆涙が溢れてきたら、ながれるままに。感情が出てきたら抑えずにそのままにしてあげる。ネガティブな気持ちもそのまま抱きしめる。悲しいときは悲しくていいんだ。ハッピーエンドにならなくてもいい・・。それが真実の自分、その時の自分であるならば。

◆恐れの奥にあるものを、初めて感じた。

◆自分のことをこんなに認めていないのだということがびっくりでした。心では思えているのにそれを誰かに伝えようとすると言葉が出て来ない。心では思える・・・でも伝えようとすると涙が出て言えない。自分でもびっくりしました。

32049379244_6361b9fbea_z


このプログラムについて

・このワークは問題解決やセラピー的な効果を意図するものではありません。

・誰も先生でも患者でもなく、すべての人が「共に学び、共に実践する」という姿勢でご参加ください。

・講師も参加者どうしも、分析、解釈、アドバイス、判断をしません。互いに気づき、探求、発見、成長を促すものです