サポートと繋がる

GAPでは、何かに向き合うときに、それが困難なことでもそうでないときも、
「サポートに繋がる」ということを最初にやっていきます。それを「自分の席に座る」と言います。

まず自分が今 座っている、その床を感じるところから始めていきましょう。より力を抜いていられると、もっと床のサポートを感じることが出来るかもしれません。
自分の体を、もっと床に支えてもらうことができますか?足元では、そこに大地があるということを自分に感じさせてあげられますか?
「自分のために大地はいつもここにある」という事実につながることはできますか?

大地だけではなく、自分の周りにいつも空気があるということにも、気づくことができるでしょうか。私たちがどんなに空気を使ったとしても、そこには空気があります。

内側からのサポートとしては、骨が私たちを支えてくれています。心臓がいつも鼓動を刻み、肺が空気を吸うことができます。体の中をめぐっている液体があります。それも命の動きです。沢山の命のサポートが私たちの内側にあり、それは私たちの細胞の知恵です。

それぞれが時間を取って、自分たちの内なるサポート、命の動きに気づく時間をとりましょう。その内なるサポートは、一瞬一瞬、今 起きていることです。外側のサポートと内側のサポート、その両方があります。

そして、過去にもこういうサポートを受け取る瞬間が沢山ありました。栄養を受け取ったり、優しさを受け取った瞬間が沢山ありました。何度か試練に突き当たったときに、自分自身で内なるサポートを見つけ出した、そういう時も沢山ありました。

人からのサポート。自然からのサポート。

そして、考えるという事からのサポート。何かの教えに触れたり、尊敬するモデルのような人に出逢うことも、サポートになります。

今日私たちがここにいるために、過去にサポートしてくれたすべて、それがあったから ここに辿り着けたことを、感じてみます・・。

ークリスティン・プライス(3/20 オンライン GAPワンデーより)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中