終了:12/22(土) ベーシック・プログラム 「サークル&サイクル 〜ゆく年・来る年 これまでを振り返り、ここから先を見る」

2018年も、いよいよあと少しとなりました。一年の終わり、そして次の一年が始まる前のこのタイミングは、とても良い探求の機会になります。

今年最後のベーシック・プログラムでは、自分にとって今年インパクトがあったことは何か、ご一緒に振り返っていきます。

新しい年の始まりに向けて、自分の外にある何かを変えようとする前に、自分の人生や、自分自身の一部のあるがままと共にいてみる、ということ、そのための新しいあり方や方法を、自分の内側で探求していきます。

実は、「何かを変えようとせずに、それと共にいてみること」それ自体が「新しい方法」になり得るのです。特に、自分の中でまだ向き合ったり出会えていない、仲良くなれていないものは何かを知ることが、新しい選択肢や可能性を見ることに繋がるかもしれません。

例えば、これまで避けたり、隠したり、無視していたことがあるとしたら、そのために私たちはどれほどのエネルギーを使ってきたのでしょうか?
そのエネルギーを、本当はどのように使いたいのでしょうか?
それらと、来年は少し違うやり方で関わってみることができるとしたら・・?

ひとりでは難しいかもしれませんが、サポートがある環境では、今までとは違う新しい選択肢を試してみることができます。避けているものそれ自体は、自分にとって新しくないかもしれませんが、この機会に新しい方法で出会ったり、向き合ってみる、というご招待をしたいと思います。

来年、自分は何にオープンに開いていきたいのでしょうか?
新しい年には、可能性が満ちていて、未知の世界が広がっています。

未知のものには、希望や恐れ、心配などもあるかもしれませんが、どのようにそれと向き合えるでしょうか?新しい年に自分が望んでいることを可能にするには、何が助けになるでしょうか?ぜひ、ご一緒に探求していきましょう。


GAPベーシック・プログラム(経験者向け)
「サークル&サイクル 〜ゆく年・来る年
これまでを振り返り、ここから先を見る」

日時:12月22日(土) 10:00-17:30

講師:ティーチング・スタッフ(中川洋美、宮本眞美、津山文子、丸山智恵子

対象者:これまでにGAPを15時間以上ご経験された方

場所:東京都中央区日本橋周辺

参加費:  5,400円(税込)

<内容>
ベーシック・プログラムとは、クリスティン・プライスから
10-15年程GAPを学んできたティーチング・スタッフとGAPの基礎となるプラクティスを探求し、
その気づきをグループで分かち合う場です。

・エッセンシャル・プラクティス
・リピーティング・インクワイアリー
・聴くこと・対話すること など

※「GAPベーシッククラス」へのご参加は、オープンシートへの参加条件として適用することができます。

お申し込みはこちら

DSC_1100

こんな方へ:
・カウンセラーやセラピスト、医療関係従事者、介護者、教員、ボディワーカーなど、相手とより深く寄り添いたいと思うケアギバーの方
・自分をより深く知り、どんな時も自分と共にいるあり方を学びたい方
・より良い友情、家庭生活、仕事上のパートナーシップを築きたい方
・自分自身の存在や人生を、より明確にしたい方
・古い習慣やパターン、癖を変えたい方
・人生をより豊かにしたい方

お申し込みはこちら


参加者の声

◆迷った時の手がかりになるもの
今回参加した理由は、住む場所や自分の役割が変わり、人との関わり(主人、上司、主人の親・友達、自分の友達)で悩むことが多く、体調を崩したり、気持ちが不安定になることが多くなっていたからです。エッセイなどを本を読んでいた時、「ゲシュタルト療法」があることを知り、主人にこのプラクティスがあることを教えてもらいました。

実際に参加してみて、ぐちゃぐちゃになっていた気持ちがシンプルにまとまる感じがありました。自分の「気づいたこと」を「出す場所」「出し方」「出す方法」を見つけて、また迷った時に抜け出す手がかりを頂いた感じがあります。人に個人にラベルをはっていたことに気づきました。また次回よろしくお願いします。2日間ありがとうございました。(Yさん 女性、初参加)

◆自分を映し出してくれる場があるということ
今回のワークで気づいたことは、コンタクト・コミュニオン・コミュニケーションの違いです。
「自分が自分の専門家である」と同時に、やはり(自分を)映し出してくれる存在や場、根気強く、忍耐強く、提案し続けてもらえる場があるのは、大きなサポートであり、自分の気づきを広げてもらえます。(Mさん 女性)


講師紹介

DSC_1248

ティーチング・スタッフ

2015年以降にGAP講師とジャパン・ディレクターによって認定された、日本のティーチング・スタッフメンバー。 800時間以上の必要なトレーニングを受け、クリスティン・プライスのスーパーバイズの下で、 日本におけるGAPの基礎プログラム(ベーシック・プログラム)を行なうことを認定されている。

プログラム・スーパーバイザー:クリスティン・プライス

ゲシュタルト・アウェアネス・プラクティス(GAP)創立者。アメリカ・カリフォルニア在住。エサレン共同創立者リチャード(ディック)・プライスと結婚し、エサレンで共に長年ワークを教える。ディック亡き後もGAPを教え、45年以上にわたり発展させ続ける。2003年から来日してGAPのワークを開始。2013年にアメリカで自分自身のスクールを立ち上げ、日本をはじめ、イギリス、ドイツ、ギリシャなどでもワークショップを行っている。また、近年日本ではティーチング・スタッフの育成に力を入れている。GAP Japanスクール創立者。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中