あなたと、私が、今。

自分が何かを話しているとき、
いつでもペースを落として、
「今、何に気づいているか」に注意を向けることができます。

どんな機会も、自分が望めば
「オープンシート」になるのです。

つまり、「その瞬間自然に起きてくる気づきに、
自分が気づく」ということです。

「そのとき起きてくる気づき」に注意を向けるのは、
実は話の内容に気づきを向けるのと同じくらい重要です。

そして、さらにそこでは
「あなたに」話しているということが重要なのです。

「何をするべきか」ということに忙しくなりすぎると、
「あなたと私が、ここで関わっている」ということを忘れがちです。

そのような、私にとってはかけがえのない瞬間・・

その瞬間の気づきがあることを、見逃してしまいがちなのです。

そういうときは、ゆっくりと、
自分の時間をかけてください。

実際に出てくる言葉はほんの2−3言かもしれません。
いずれにせよ、全部を言葉で話すことは不可能なのです。

たとえ言葉は少なくても、
かけがえのない、この今について話してください。

自分を感じながら、
今自分は誰と一緒にいるのか?ということ、
しっかりと目を開いて、「いま、この人と一緒にいる」ということを感じてみてください。

すると、もっとスペースを感じられます。

ただ「任務を遂行する」よりも大きなスペースを・・

それがここでやりたいと思っていることです。

何かを終わらせることではなく、
もっとスペースを感じること、です。

ークリスティン・プライス
(ゲシュタルト・アウェアネス・プラクティス(GAP)講師)

DSC_5626

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中