気づきという「道」

私がワークの時によく仏教の先生の話をしますが、
よく名前を出すのはペマ・チョドロンです。

その本のタイトルは、
「今あなたがいるところからはじめなさい」というものなんですが
それはゲシュタルトのタイトルとしても当てはまるものです。

いま、ここ、あなたがいるところからはじめなさい、ということです。
まさに、私たちのあるがままからはじめる。

気づきというのは「道」です。

そしてその道のたどり着く先は、「いま、ここにいる」ということです。

私たちが気づきのプラクティスをする、
それは何か「行動する」ということですが、
何のためでしょう?

それは「今、ここ」にいられるようになるための練習です。

より十全に、いるようになるためです

より「完璧」にいるためではありません。

より「十全」に、今、ここにいるということです。

もしかしたら人間にとって「十全に存在」するというのは
どういうことなのかを発見するためなのかもしれません。

ークリスティン・プライス

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中